前にも書きましたが、30代後半で15キロ痩せた私はまぶたの脂肪もなくなって、くぼんでしまいました。

まぶたにハリがあると若々しく見えますが、くぼんで変な線が1本くっきり入ってしまってすごーく嫌でした。

そこで、いつもの湘南美容外科に相談に行きました。

私「先生、まぶたがくぼんでしまってふっくらさせたいんです」
先生「だったらヒアルロン酸入れましょう」

てことで、まぶたにヒアルロン酸を注射することに。

ついでにほうれい線にも入れました。

痛そうだったので、笑気麻酔をしてから注射

笑気麻酔は、頭がぼーっとしてくるガスを吸いながら意識が朦朧としている間に施術してくれるというオプションです。

30歳くらいの頃に1度、ヒアルロン酸注射をほうれい線に打ったことがあるんですけど、笑気麻酔がなくて麻酔クリームを塗ってから施術してもらったら、もう痛くて痛くて我慢できなくて2度とやるもんか!!

と思ったことがあったんです。

私とっても痛みに弱いみたい。

人によっては麻酔なしでも我慢できるよ?

って言うので個人差ありです。


話は戻りますが、そんな痛がりな私でも笑気麻酔をしてもらいながらでしたら、全然我慢できました。


そして!


問題のまぶたは超〜いい感じにふっくらしたのです。


先生曰く、まぶたは入れすぎると腫れぼったくなっちゃうからほんのちょっと入れたよ。

とのことでした。


余ったヒアルロン酸は保存してもらえるので、またまぶたにハリがなくなった頃に注射してもらえます。


私は1本を3回に分けて注射してもらいました。


ところが事件は3回目で起きます(続く)




style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="2218372066">




にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村