アラフォー美容オタクの目指せ★美魔女ブログ

41歳になりました☆20代に見えるために努力していることを公開します

2017年11月

美容院行って来ました☆

BeautyPlus_20171130194657_save





美容院でトリートメントしてもらうと艶々になりますね♪




前髪あった方が若く見えるかな?と思って最近は前髪切るようにしています~(。・ω・。)ゞ





style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="2218372066">




にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




マックス太っていた頃の写真・痩せていた頃の写真

▼マックス痩せていた頃の写真
DSC_2764(1)
かなり短いスカートを履いていましたね。
時代を感じます


▼マックス太ってしまった時の写真
40

顔パンパンだし太ももが凄まじいことになっています(つд⊂)ゴシゴシ


▼最近
01

筋トレ始めて丸みを残しつつ引き締めています。
現在進行形でまだまだ完成形ではありませんが、これからもっと筋トレ頑張ろうと思っています。


太っていた頃の写真は今から5年くらい前です。

何歳になっても痩せることはできると思います★

みんなもダイエットがんばりましょ〜(。・ω・)ノ゙わたしも気を引き締めて頑張りますっ!



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="2218372066">




にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村





眉ティントでスッピンでも怖くない(画像あり)

私は20歳くらいの頃に一度アートメイクで眉を入れたんですが、すっかり落ちてしまって35歳の頃にもう1度入れにいきました。

アートメイクはお泊りの時にも堂々とスッピンを見せられるようになるし、何より朝のメイクがめちゃくちゃ楽になります。

ただし、

激痛!!!


私はね。痛みは個人差あるので皆さん確実に激痛かは分かりませんが、私はもう〜涙ボロボロでやりました。

たぶん今までで一番痛かったです。

本当は1回では色素が定着しないので3回通って終了らしいのですが、痛すぎて3回通えませんでした・・・それでもうっすら色素は残ります。

で、4年前にやったのがもう消えてきてしまって、またあの激痛アートメイクへ行くかどうしようか悩み中です。それくらい痛いし、確実に1周間はかさぶたができて「イモトアヤコ」みたいになるので外出られません。

仕事も1週間休まなくてはいけないし、そこまで眉がなくて切実に困っているわけでもないのですが、普段夜の仕事の時以外はスッピンで生活しているので、眉はあったほうが楽。

そこで見つけたのが「眉毛ティント」

前の日に塗ってから寝ると顔を洗っても眉毛が残る優れもの。

以前、塗って剥がすタイプもやってみたんですが、はがす時に眉毛も引っ張られてすごく痛くて眉毛も抜けてしまいそうで断念。

最近洗い流すタイプを発見してそっちを試してみたらよかったのでレポートします。

私が試したのはこちら


洗顔後(すっぴん)
BeautyPlus_20171119220428_save


湿布後
BeautyPlus_20171119220534_save

画像ではコントみたいになってますが、洗い流すと落ち着くので何度か重ね塗りしてしっかり塗る。
元々眉のある部分には塗りません。全体的に色をつけたい方は全体に塗っても良いかも。
完全に乾いてから寝ないと枕に全部ついちゃいます(´;ω;`)


翌朝(すっぴん)
BeautyPlus_20171119220622_save

うっすら色素が残ります。
出勤前にお風呂で汗かいちゃうのと、この日は泡パックやったので普段より定着が少ないですが、メイク前に洗顔フォームを使わずに水だけで洗うといい感じに自然に残ります。

7日間持続すると書いてありますが、クレンジングしなかったら続くのかもしれませんが、私は7日はもちません。

ジムへ行く方や、温泉行ったりする時だけ使うのがいいんじゃないかな〜と思います。


痛みに我慢できて、1週間お休みがとれるのならば、アートメイクで入れちゃうのが一番手っ取り早いのは確実ですけどね。

笑気麻酔してもらいながらアートメイクしてもらえたら最高なんですが、残念ながら湘南美容外科にはアートメイクないんですよね・・(ρ゚∩゚) 



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="2218372066">




にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村







毎日のお風呂タイムは大切に

皆さん、毎日湯船浸かっていますか?

太っていないのに足がむくんでいる方、食べてないのに何故か太る方、代謝が悪くなるとそんなに食べていないのに太りやすくなって足もむくんでしまいます。

是非毎日湯船に浸かってみてください。

私も昔はむくみやすかったけれど、最近は全くむくまなくなりましたよ★

BeautyPlus_20170929221337_save


私は時間のある時にはお風呂に1時間くらい入っていますが、出勤前の時間がない時には43度の湯船に最低10分間、首まですっぽり浸かってとにかく身体を温めるようにしています。

半身浴では長時間浸かっていないと身体が温まりません。

のぼせやすい方は41度くらいのぬるめのお湯のほうがいいかもしれませんが、私は汗をかきにくいので43度のお湯にしています。

はじめに10分浸かってから頭を洗ってトリートメントして、トリートメントを浸透させるためにまた湯船に浸かります。

時間があれば20分入浴→シャンプ・トリートメント→20分入浴→洗い流して身体を洗って→10分浸かる→シャワーで洗い流して終了

という感じで1時間かけて入浴しますが時間のない時は

10分入浴→シャンプ・トリートメント→5分入浴→洗い流して身体を洗って終了

といった感じで少しでも湯船に浸かるようにしています。

本当は毒素を抜くイメージで汗をびっしょりかいてデトックスしたいところではありますが、あまり毎日大汗かいてしまうと、そのあといくらスキンケアを頑張っても

肌がかさついてくる

んです。ミネラルが出ていってしまうのでしょうか。

なので私は大汗かくのは1日おきにしています。

お風呂から出たあとは、ビタミン・ミネラルが出ていってしまうので、ソッコーでビタミン剤等のサプリメントを飲んで補給しています。

私が毎日飲んでいるサプリメントは以前記事にしましたのでこちらをご覧ください。

お風呂に入りながら500mlのお水をぐびぐび飲んで脱水にならないように気をつけるのもポイントです。


私は引っ越しの際に絶対譲れないのが「追い焚き機能のあるお風呂かどうか」なんです。夏も毎日お湯に浸かりたいので追い焚きのある部屋でないと住めません。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="2218372066">




にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村







コーヒーも美容ドリンクに変身

寒い日にはできるだけ常温か温かい飲み物を飲むようにしています。

大好きなコーヒーもせっかくなら美容ドリンクにしてしまおうと、コラーゲンの粉末を入れて飲んでいます。

DSC_0919-01

こなゆきコラーゲン

冷たい飲み物よりも温かい飲み物のほうが溶けやすくて飲みやすいです。

夏場は1日1杯だったコーヒーも最近は1日2杯飲んでいるんですが、コーヒーの中にコラーゲンのお粉はスプーン3杯ずつ入れています。

コラーゲンの量も2倍になったわけですが、コラーゲンって飲んでいるうちは変化がよく分からないんですが辞めると良さに気づくんですよね。

よく食べ物からコラーゲンは吸収されない。なんて言う人いますが、そんなことはないと思います。

モツ鍋食べた翌日とか肌ツヤツヤになりません?(私だけ?)


美容に自己暗示も大切なので、私は「めっちゃ肌にいい!」って思いながら飲むようにしています。


冬は空気が乾燥して、肌も髪も乾きがちなんで外からだけじゃなく内側からもケアしてあげるのが大事だと思います★



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="2218372066">




にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村







記事検索